特殊清掃という清掃業があるのをご存知でしょうか?

特殊というだけに普通の清掃業ではないことがわかりますが、一体どの様な清掃をするのでしょうか?

現代社会では、核家族化が進み、更に結婚をせずに一人で暮らす人が増えています。

よって孤独死をするという人が増えているのをご存知でしょうか?

孤独死をしても、すぐに親戚が気づく、ご近所の方が気づくということがあれば良いのですが、現代社会で問題になっている孤独死というのは、社会との繋がりが薄く、孤独死した後しばらく気づいてもらえないという状況をいいます。

気づいてもらえない孤独死がどの様な状況になるかイメージできますでしょうか?

まず、孤独死で時間が経過して気づかれる理由の一つに死臭というのがあります。

人が死んだ臭いというのは知らない人が多いかと思いますが、部屋の外にまでわかる様な臭いになっているということは死体が腐敗しているということで、当然ながら部屋の中は腐敗臭が漂い、そして、体液や血液が部屋を汚している可能性があります。

腐敗臭や床に染み着いてしまった体液や血液は普通の清掃ではきれいに原状回復することが不可能になります。

その他、ゴミが堆積している場合、自殺や事件、事故であった場合にその空間を掃除するのが特殊清掃業になります。

普通の清掃業では作業しきれない部屋の臭い、汚れを清掃するのが特殊清掃であり、そして現代社会においてその特殊清掃業が必要不可欠になっているという現状があります。

⇒特殊清掃ならネクスト