安い医療脱毛の全身プランでも、毛量によっては高くなるの?

医療脱毛の全身で、“安いところ”を探すときのコツって?

医療脱毛の中でも全身は面積が大きく体毛の状態が様々なので施術スケジュールに影響が出やすい。体毛や肌の状態で回数が増えて費用がかさむことも。

医療脱毛の全身で、“安いところ”を探すときのコツって?のメイン画像

安い医療脱毛の全身プランでも、毛量によっては高くなるの?

医療脱毛の中でも、全身は面積が大きく体毛の状態がいろいろなので、施術スケジュールに影響の出やすいコースです。

毛量の多い少ないより、回数が問題になります。

◎回数が増えることで当初の全身プラン料金が崩れる。

たとえば、医療脱毛の医師が体毛の量で、「あなたの場合の費用は全身でいくら」といったような価格査定があるわけではありません。

けれども密度の濃い女性や毛量の多い人は、通院回数が増える可能性があるため、結果的に費用が高くなることもあります。

また医療脱毛のレーザーは、黒色メラミンに反応するので、毛の細い人や脱色をしている人、金髪などに染めている人は脱毛効果が下がります。

黒く濃い人、密度のある人、太い人のほうがレーザーは返ってよく反応します。

◎全身脱毛は施術のスケジュールに影響が出やすい。

上記のようなことを考え合わせると、毛量よりも体毛の色や細さのほうが費用に響くかも知れません。

『平均的な普通の施術時間より時間がかかる=脱毛処理がすすまない=次回に持ち越し=通院回数が増える』ということになります。

自分の体毛はどうなのかをチェックしてみましょう。

◎いろいろと思い悩むより、「無料カウンセリング」で医師に診てもらったほうが早いかも知れません。

医療脱毛の先生でも、最終的には「施術してみないとわからない」ところはあります。

たとえば毛量や密度とは別に肌が黒く日焼けしていたり、敏感肌だったり、アレルギー体質で肌トラブルを起こしやすかったり~。

そういう女性は、施術の時間を短く、レーザーの出力を弱くしてすすめるので、結果的に通院回数が増えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加